カテゴリー: 未分類

与えてはいけないもの

未分類

体に良いものを与えて、できるだけ長生きしてほしい。それは、別の言い方をすれば体に良くないものをできるだけ避けたいということでもあります。添加物の中には、避けた方が良いものもあります。もちろん、質の悪い材料などもやはりたべさせたくはありません。また、ワンちゃんには食べさせてはいけない危険なものもありますので、注意が必要です。カカオなどが使用されているものはNG。チョコレートを食べさせると、最悪急性心不全を起こすこともあります。

また、ブドウ(レーズンを含む)も危険。腎臓障害を起こしてしまうこともあります。他にも、にんにくやにら、ネギ、玉ねぎなども避けましょう。これらは、身近な食品の中に細かく刻むなどして含まれていることもありますので、ワンちゃんに与えないように注意が必要です。

この他にも、ワンちゃんによってはアレルギーがある場合もあります。オススメなのはアレルギー検査を受けて、アレルゲンがある食材を避けるようにすること。検査は簡単に行うことができます。アレルギーが多い傾向がある食材の一例をあげると、チキンや牛肉、トウモロコシ、大豆、小麦などです。もちろん、全てのワンちゃんにとってアレルギーを引き起こすものではないのですが、ワンちゃんの毛が抜けたり鼻水や涙、くしゃみなどが出る場合は、一度アレルギー疑った方が良いかもしれません。

プレミアムドッグフード

未分類

ワンちゃんの健康を考えたら、ドッグフード選びは慎重にしたいところ。数多くある中、どんな材料を使い、どのようなこだわりをもって作られているのかは、是非確認したいところです。プレミアムドッグフードは、吟味された材料で作られている他、メーカーによってそれぞれこだわりもあります。吟味して選ばれた材料を使っている為、その分価格も高めになっている場合がほとんどです。

しかしながら、それでも選ぶ際には注意が必要です。プレミアムドッグフードと呼ばれているものの中にもいろいろなものがありますので、最終的には自分で内容をチェックして比較しながら、安心だと思えるものを選ぶことが必要になってくるのです。プレミアムドッグフードの中には、人が食べることができるような安心なものもあります。中心になる動物性たんぱく質を見ても、牛肉や豚肉、フィッシュ、チキンやラム肉などあり、高品質なものを使って作られています。

関連HP<ラム肉使用のプレミアムドッグフード – アランズ>

もちろん、添加物を使用していないものもあります。こういったものを選んでみるのも良いでしょう。つまり、プレミアムと呼ばれていても、様々なものがあるということです。購入する時は、一度にたくさん買うのではなく、一か月程度で食べきれる量を買うのがオススメです。

避けたい成分について

未分類

ドッグフードはたくさんあります。いろいろなメーカーから様々な種類のものが販売されていますが、ご存知のように価格にも大きな違いがあります。購入する側にすれば、少しでも安いものを選びたいと思いがちですが、それはあまり良いとは言えません。なぜなら、安いドッグフードの中には良いとは言えないような材料を使って作られているようなものもありますし、安全とは言えないような成分が入っているものもあるからです。

私たち人間であっても、自分が食する物について注意している方が少なくないと思います。着色料や保存料などはできるだけ摂りたくないと考えている方も多いでしょう。これは、ドッグフードについても同じことが言えます。また、保湿剤や発色剤、BHA、BHT、エトキシキンなどが含まれているものもあり、こういった成分なども避けた方が安心安全です。もちろん、全ての添加物が悪いというわけではありません。ビタミンなど自然な物であれば、気にすることはないでしょう。

どんな成分が含まれているのかは、パッケージを見ればすぐにチェックできます。購入する時は、是非パッケージを見て確認してから判断するようにしたいものです。価格だけで判断しないようにしましょう。

ドッグフードを与える

未分類

ワンちゃんを飼っている方がたくさんいますが、どんなドッグフードを選んでいらっしゃるでしょうか?食べたもので体が作られる。これは、私たち人間も動物たちも同じです。健康にも大きく影響してきますので、ドッグフード選びは慎重にする必要があります。いろいろな所で販売されていますが、選ぶときは価格だけで判断したりせず、内容をしっかりとチェックしてから選ぶようにしたいもの。なぜなら、中には安心できないような成分が含まれているものもあるからです。

また、安心できる良いドッグフードを購入しても、保管方法が間違っていたりちゃんと計量せずに適当に与えたりしていれば、それもまた健康を損なってしまう危険もありますので注意が必要です。ドッグフードには、大きく分けて3つの種類があります。ドライタイプのものと、半生タイプ、ウェットタイプです。それぞれメリットがあるのですが、保管方法が異なる為やはり注意する必要があります。

ドライタイプは日持ちするといったメリットがありますが、それでもやはりなるべく空気に触れないような保管が必要になります。ウェットタイプや半生タイプは、さらに傷みやすいですから、注意しなければなりません。また、ドッグフードを手作りする場合は、ワンちゃんに与えてはいけない材料を避けたり、味を薄くするなどの注意点もあります。そして、もちろん栄養バランスにも気を配る必要があります。当サイトは、ドッグフードについて紹介します。